ヴィンテージマンションⅡをリフォームしています⑦洗面所DIYの一部始終

居室に平行して、地味に洗面所もリフォームしていました…
ただ、劇的なカスタマイズはせず、もともとある形を残してみました


近年、一般的に好まれている洗面所は、
「シャワー付洗面ドレッサーのある独立洗面所」ですが…
昔みたいに「朝シャン」なんてやってる人、いまどきいるのだろうか?

敢えて昔のままシンプルに仕上げてみたいと考えました




画像


購入前の洗面所。
非常に雑多とした雰囲気…
売主様の生活感丸出し。でも
TOTOの水色洗面ボウルやレトロな洗面キャビネットに心惹かれる





画像



引渡直後の様子。
売主様に洗濯機を処分してもらいました
片づけからスタート。






画像


画像



だいぶサッパリ!しました
でも床の色がナゼか?緑色。ゆるせない





画像



画像



まずは入口を白く塗装。
何をイメージしているのか?変わった形のドア





画像



ヤニで変色したのか?
ドアの内側もこれから塗装します

奥に見える吊戸がなんとなく圧迫感を感じさせるので






画像


バールで思い切って解体・撤去。




画像



そしてここも白く塗装






画像



浴室側の床がブカブカとしていたので、
Pタイルをはがしてバールで小突いてみたら、
ベニヤがフレーク状にボロボロと崩れてしまったので、部分補強することにしました
(普通、リフォーム業者は床全面張替するのでしょうが。)








画像




画像



ふところは結構浅いです
転がし根太か?とにかく骨組みに補強して、






画像



合板を重ね貼り、




画像


不陸を調整。
しかし緑色の塩ビタイルが許せない






画像



タイル仮並べ。
表面がマットなセラミックタイルです
上から重ね張りしますが、大丈夫だろうか




画像



ボンドにてタイルを貼ったら、目地を詰め、






画像



はみ出した半乾きの目地をスポンジにてふきとり、
床面の4隅をコーキングで仕上げました






画像



床が白くなると、今度は浴室ドアのくすみが気になる…






画像



で、ここもホワイトニング。
だいぶ気持ちよくなってきましたが、
ところが今度は左上のスイッチカバーの黄ばみが気になる…






画像


もともと白かったのであろうが。
40年以上の歳月を経て、エイジングされたのでしょうか
ここの照明みたいにLEVITONとかに変えるべきか?



画像



とりあえず、スイッチカバーのみシルバーに塗装。
今度はネジの色が気に入らない



画像



気になりだすとキリがないので、このへんで。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック