ヴィンテージマンションⅢをリフォームしています。

いろいろあって、物件も3件目に突入。
こんなハイリスクな築古物件(築40年以上)ばかり仕入れていて大丈夫なのか?
自問自答の日々を送っております。



画像


画像



1966年築、ブロック造。
外観はほとんど廃墟というか長崎の軍艦島のあの感じ
畳4.5帖、フローリング6帖。
壁・天井はペンキ仕上げ。
10年間誰も住んでいなかったそうです。カビ臭い



画像

画像


元の繊維壁の上から直接ペイントしているのか?
表面には凹凸があり、黒カビがくっきりと浮き上がっています



画像


キッチン床はPタイル。
元の床の上に重ね貼りされています。


画像

画像

画像

画像


キッチン・風呂・トイレ。
全体的に、使おうと思えば使えそうですが…
思い切ってこれからセルフリノベ、頑張ります。












因みに先日まで空いていた「ヴィンテージマンションⅠ」
現在こんなふうに↓なっています。

画像

画像

画像

画像

画像

画像



只今賃貸中です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック